2018.11.01 Thursday 13:03

小金井公園 たてもの園

前に入れなかった小金井公園江戸東京たてもの園。お年寄りと大人の休日倶楽部の割引があって160円で入園。江戸時代の有名人の建物から、世界的な建築家の建てた住宅など、思ったよりたくさんの建物が保存してあった。それより銭湯や商店など、懐かしい何でもない建物が気に入りました。多分引きがないから広角レンズがいいだろうと持参。交換して正解でその中で気に入ったものを掲載。












2018.10.30 Tuesday 13:14

小金井公園のコキア

どのテレビでも、ひたちなか海浜公園の赤いコキアを流していた。ひたちなか海浜公園は夏の始めに行ったが、コキアのシーズンではなかった。近場でないかと調べると、小金井公園で咲いているらしい。小金井公園はバーベキューに誘われて、自家用2輪車で野川公園経由で行ったら雨。たてもの館に入ろうと思ったら閉園でいい思い出はない。

天気予報も「ずっと晴天」と言っているのでリベンジ。今回は電車で武蔵小金井へ行き、100円のコミュニティバスで公園入口へ。コスモスも規定して行くと、台風で倒れた木があってコスモスは刈り取り済み。目的のコキアは、林はこぢんまりした花壇に咲いていた。














2018.10.26 Friday 21:43

昭和記念公園のコスモス

今年はコスモスを見に行ってないと気づきネットで検索。昭和記念公園が近場で咲いているよう。西立川口駅から入る。すぐ近くにコスモス見本園といういろいろなコスモスが咲いている小さなスペースがあって、変わった色や形のコスモスがあった。

その先の原っぱ西花畑は白とピンクのコスモスが見頃を少し過ぎた感じ。原っぱを抜けて東花畑に行くと刈り取りがすんで耕していた。紅葉を期待して日本庭園に寄ったが見頃はまだ。

行ったことのない木漏れ日の丘を回って花の丘へ。以前来た時は咲く前だったけど、今回は見頃だった。斜面に咲いていてなかなか良い。木漏れ日の里に蓮の穴を加工した工芸品が面白かった。帰りの立川駅へ向かうと、肉フェスをやっていた。平日もあって客は少ない。駅で一生懸命チラシを配って集客しようとしていた。


















2018.10.20 Saturday 12:48

シンカリオン

日比谷公園の鉄道フェスティバルに折りたたみ自家用2輪車で行ってみた。だいたいやることは毎年決まっているので、駆け足で回る。トーマスの人が乗れるライブスチーム、JRと私鉄各社のグッズ販売、鉄道コレクション発売など例年と同じ。シンカリオンが人気で子供連れが写真を一緒に撮りたくて並んでいた。今年のJR鉄道イベントの定番。

小田急のグッズ売り場が最も長い列だったけど、何が人気だったかは未確認。キャノンのブースに新発売の一眼レフミラーレスのEOS Rの実機があった。多分、触れるなと思って出かけたので手にとってシャッターを押してみる。やっとキャノンが腰を上げたというか、ニコンも一眼ミラーレスを発売するので対抗で発売したという感じ。「もっと早く出せよ」というのが本音。

個人的にはデジタルはミラーレスだと思う。一眼レフは銀塩フィルムのシステムを引きずっているし持ち歩くには大きく重過ぎる。








2018.10.16 Tuesday 11:16

多摩川花火大会

30年ほど前の夏、子供たちの抱っこ係にかり出され行った多摩川花火大会。すごい人出でこりごりしたのを思い出す。いつも台風シーズンに当たり、雨がつきものだったため、中止が続き、日程が10月に移動された。
もう行かないと思っていたら、孫が「大きな花火が見たい」と言い出した。ずっと言っているので連れて行くことにする。

多摩川花火大会は多摩川を挟んで、世田谷区と川崎市が打ち上げる花火大会。目の前で見るには人混みの中をすすみ、電車にのるまでに1時間以上かかる。ネットにも2時間かかるとか、手前の駅で降りて歩いて行った方がいいとか書かれていた。

それで電動自転車で、大井町線の等々力駅と尾山台駅の間あたりから多摩川の堤防を目指す作戦を立てた。電車だと満員で乗車できない都の判断だ。自転車なら自由が効く。19時開始に着くと、思惑どおり座るスペースはたくさんあった。花火の大きさは小さいけどね。

始まると孫は一人でどんどん前へ進んでいく。一度見失う。探して戻すと「きれいなので、もっと近くで大きな花火が見たかった」と。まあ、わからないでもない。1時間がすぐ終わり帰宅。会場から離れた場所だったけど、やっぱり等々力駅へ向かうすごい人。それを避けて多摩川堤防沿いを走る。

もう少し先、人の少ないところと探して、ここならと曲がる。そうしたらものすごい急な坂。そして電動自転車の電池が切れる。いつか途中で無くなると思っていたけど。孫に降りて歩いてくれと懇願。降りてもらって押して登る。途中に坂の名前が書いてあった。急坂。そう言えば息子とも自転車で登ったことのある坂だった。

急坂ということは田園調布だ。環八に出て家に帰る。「きれいだったぁ。面白かったぁ。大きかったぁ。」と喜んでいたので良かったのだろう。写真は撮ることに集中できなかったのでホケてますが。




2018.10.12 Friday 11:55

観音

犬吠駅と同様、観音駅も下車したことがないので、今回は観音駅の名前になっている飯沼観音へ。徒歩ですぐのところにあって、思っていたより大きな寺院で、手前に円福寺本坊・太子堂などがあり、少し歩いて円福寺飯沼観音・銚港神社などがある。

飯沼観音は板東27番札所であり、仁王門、大仏や五重塔がある。本堂でお参りして、一日乗車券でお札をもらったら「ぜひ、中に入ってお参りを」と進められたが、暗くなって仲ノ町車庫も行きたいので失礼。

入場券を購入して仲ノ町車庫へ入ると、これまでの車輌と伊予鉄道から来た元京王帝都の車輌が勢揃い。前より車輌が多いので歩き回る場所がない。車庫も閉まっていたし、5時半になっていたので銚子駅まで歩き、成田駅経由の千葉行に乗車。千葉で横須賀線直通の快速に乗ったら人身事故でストップ。動くまで1時間以上かかるので総武線各駅停車に乗換、秋葉原経由で帰宅。帰ったら9時すぎだった。












2018.10.11 Thursday 00:35

犬吠

今回は犬吠駅で下車して、犬吠埼灯台まで歩き、海産物で昼食をとることを予定。実はこれまで犬吠駅で降りたことがなかったのです。駅近くに大きな寿司屋さんがあったので、昼食をとろうか迷ったのですが犬吠崎灯台の近くで食べることを選択。帰りに犬吠埼マリンパークの建物が見えた。閉館したけどイルカなどの引取先がなく、ニュースになっていたことを思い出した。線路を挟んで反対にある派手な色の満願寺へ向かう。多くの観光客が歩いて行く“地球の丸く見える丘展望台”はスルー。












2018.10.05 Friday 15:18

銚子電鉄の猫

台風の合間に、松山からの譲渡車輌に変わってから初めて銚子電鉄を訪問。君ヶ浜駅には猫の「キミちゃん」が住み着いていると下車したら外で休んでいた。なついていて、手を伸ばしても逃げない。友達猫も近くにいて、こちらも相手をしてくれる。

観音駅の踏切を、我が物顔で歩いて渡っていた猫も撮影したが後ろ姿しか撮れなかった。今回いつも素通りしている、観音駅の由来である飯沼観音にも参拝。観音駅名物の銚子電鉄直営の鯛焼屋は閉店していた。










2018.09.30 Sunday 15:27

ビアンキ・フレッタのタイヤ交換

9月に入って後輪のタイヤ側面の一部ず割れてきて、交換の時期だし、パンクしないといいなっ、と思っていた。大井競馬場近くのニトリに行った帰り不安は的中。空気が抜けていった。家まで距離があるので近くの自転車屋さんに駆け込む。「バンク修理が2台貯まっていて1時間くらいかかりますよっ」と言われ、大井町近くの自転車屋さんまで押して行く。

「側面が破れているからタイヤを交換した方がいいよ」と言われたが、同じような18インチタイヤはないということでパンク修理だけ。帰りに中原街道沿いのスポーツ車専門のコーフーに寄る。前にもここで買ったことがある。しかし、前と同じタイヤは置いてなくブリッジストンのタイヤにする。フレッタの同型車というか元のBD-1の日本代理店が変わってしまって、タイヤを入れなくなってしまったのだ。

この際整理すると、私のビアンキ・フレッタの初めに履いていたタイヤはマクシス。マウンテンバイク。思い感じの走り心地。少し減ったとき、中原街道沿いのコーフーでBD-1と同じコンチネンタルに変更。軽い感じになってクロスバイクのような走りになった。

そして次に減ったときもコンチネンタルでいいと思い、コーフーに行ったら置いてないと。BD-1が日本法人を設立したので、これまでの代理店ミズタニ自転車から変わったからと言われた。これまでフレッタとBD-1を販売していたワイズロードや東急ハンズなどでも自転車本体とパーツを置かなくなっていた。

どこを探してもないので次はシュワルベに。で、今回の交換でブリジストンになったので4回目ということになる。毎回、メーカーが変わっているなあ。

前輪は後輪ほど減らないのでコンチネンタルのままにしていたのだが、減ってきたしブリジストンに揃えてしまえとコーフーで購入。変えたときに前のチューブをそのまま使ったためか、空気を入れていたに“パァーン!!”とものすごい音がして破裂してしまった。予備のチープを入れ換えて走っていたらタイヤの側面からチューブが餅を焼いたときのように出てきて、「ヤバイッ」と思っていたらパンク。このまま同じタイヤを使うとまたパンクすると思って、短期間の使用だったが換えることにする。

またブリジストンは乗り気がしないので、3回目に走りと持ちが良かったシュワルベを探す。近くのママチャリが主商品のアサヒサイクルにシュワルベはなく、イオンスタイルには18インチのタイヤすら置いてなかった。

それならばと渋谷のワイズロードに向かう。前にシュワルベを購入した環八ワイズロードは、今年初めに閉店してしまったので渋谷なのだ。探すとシュワルベがあった、そしてその横に見慣れないタイヤが。店員さんに聞くとそれでも大丈夫と。心配でよく見るとiRCのDB-1用のタイヤだった。側面に“bd-1”の文字が。

いえに帰ってタイヤを交換。チューブも買い置きしてあったDB-1用と書いてある新品に。作業中にビアンキのプレートが剥がれ落ちる。反俗かと思っていたら、ゴム製の簡単なものだった。接着剤で固定。あちこちガタがきてると実感。iRCは走るとブリジストンより軽い感覚で良い。前輪も4回タイヤを交換して、それぞれ別のメーカーになった。パナレーサーでも18インチタイヤを出しているようだから、次はそれにしようかな。






2018.09.17 Monday 10:29

中延ねぶた祭り

東急池上線と大井町線にある中延商店街で、2年に一度ねぶた祭りが行われるらしい。今年は16回とは知らなかった。昼に商店街を通ると、黒石汁焼そばなどの店が出ていた。池上線荏原中延駅近くの昭和通りに行くと、人が集まっていてねぶたも用意されていた。

珍しくカミサンも行きたいと言っていたので、家に帰り報告。カメラを持って池上線荏原中延駅へ。昭和通りから行進は出発していた。中延商店街に入り、来るのを待つ。もう大勢の人が待っていた。少しして行列が入ってきた。

初めは小さなねぶた。続いて太鼓と勢子。ねぶたはだんだん大きくなってくる。最後は商店に接するくらいの大きさのねぶたが入ってきた。生の太鼓と鈴の音とねぶたは、なかなか良い。少し感動。大井町線中延まで行進は続くらしいが途中で切りあけ、食事をして帰宅。










<<new | 1 / 141pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode