2020.04.02 Thursday 14:34

鶴見総持寺

東京でひとり暮らしを始めたとき、鶴見に母方の親戚があって、時々食事などごちそうになっていた。それから行かなくなっていて音信不通に。鶴見駅から市バスで横浜商科大学で降りたことは覚えていたので、気になっていたこともあり出かけた。

バスは総持寺の前を通って行ったので総持寺へも参拝、ちょうど桜が見頃だったが新型コロナウィルスの影響もあって、人はすくなかった。参拝は無料なので、家族連れが子供を自由に遊ばせていた。総持寺は回廊で囲われていて、高岡の瑞龍寺に似ていると感じた。

鶴見駅西口からバスに乗ったので向かうと、バスの敷地の半分は商業ビルに変わっていた。まあ、40年経っていればそうなる。細い曲がりくねった道を走るのは同じ。バス停を降りると昔は樹木ばかりだったのにマンションと住宅がびっしり。記憶を頼りに歩いていくと大学の建物も建て替えられて、親戚のあった場所は大学の部室になっていた。












2020.03.28 Saturday 21:07

新横浜駅前公園

コロナウィルスが騒がれている最中、満開の声を聞く前の19日、新横浜駅前公園で早くも咲き始めたとネットで見て、しっかりマスクをして出発。歩いて行くと見たことのある風景。かなり前に自家用2輪車で日産スタジアムまで来たことを思い出した。







赤味がかった桜が咲いていた。早咲き桜の一緒だと思う。ここまできたらスタジアムを近くで見てみたいと思い、グルッとひと回り。さすがに大きい。横をJR横浜線が走っていった。




2020.03.14 Saturday 14:23

鶴岡八幡宮

多分、50年ぶりの三度目かと思う。小学校では家族、中学は修学旅行、それと東京に出てきたとき。だから全く記憶がないのだ、人がたくさんいる観光地は避けていたのだが、コロナウィルスの影響で外国人観光客が減っているとニュースで知って、それならゆっくり歩くことができるとでかけたものだ。予想通り適度に空間があって落ち着いて回れた。一昨年行った長谷の観音様の混雑はすごかったぞ。










2020.02.26 Wednesday 11:51

ビアンキ・フレッタのタイヤ探し

小雨の日に近くの図書館へ自家用二輪車へ走り、駐輪場へ向かったとき、ステンレス製の小さな用水路の格子状蓋でブレーキをかけたとき、後輪が止まらずスーとスリップ。横転して右足を強打して攣ってしまった。左足だけでしか歩くことができず、完全に直るまで約1ヶ月。後輪の溝が無くなっていたのが原因。2018年9月に交換していたことがわかった。


▲転倒した図書館駐輪場


▲雨の日に転倒しそうな場所。

そこでネットで18×1.50タイヤを検索したけど、20インチと16インチはあるけど、18インチのタイヤは売切状態。「あった!!」と思って注文して装着したら合わない。確かめたら16インチでした。私が間違えたらしい。これは持っといてもしょうがないので、グノシーに初めて登録して「あげます」と掲載したら、すぐに3人の方が「ほしい」と。掲載してから3時間ほどで手渡しすることで解決。

まず前に前輪のタイヤを買った渋谷ワイズロードに。「18インチは最近出ないので注文しないと」。川崎のワイズロードも同様。それなら前に後輪のブリジストンのタイヤを買った中原街道沿いのコーフーへ、ブリジストンは使ってみて、重い感じで避けたかったけど、まあいいか。




▲すりへったブリジストンのタイヤ

置いてあると思ったら「18インチは最近出ないから」と同じ返事。取り寄せてくれるというのでお願いする。ネットで検索しても売り切れ状態なので、藁にもすがるという感じ。「希望のメーカーは」と聞かれたので、これまで使って最も気に入っていた「じゃあ、ショワルベで」と。問屋に問い合わせてもらったら「無いです」。IRCも無し。やっぱり市場にないのだ。

「パナレーサーならあるかも」と問い合わせてもらったら「あります」との返事。すぐ「それでお願いしますと」注文。1ヶ月かかるかもしれないと言われていたけど、1週間ほどで「入荷しました」の電話。すぐ取りに行って装着しました。

パナレーサーマラソンレーサーは初めて使用。交換して走ると地面をしっかり掴んだ感じになった。それとブリジストンより軽いと思う。これからフレッタのタイヤはパナレーサーマラソンレーサーにすることにしよう。




▲新しいパナレーサーのタイヤ

2020.02.04 Tuesday 10:14

伊豆修善寺

雨で滑って右足が痙ってから遠出は避けていた。どうやら元に戻ったので、気分転換を兼ねて伊豆箱根の修善寺へ。子供が小さいとき虹の郷に行ったことがあったが、休日で道路が渋滞。駅から虹の郷まで2時間近くかかった悪夢が思い出される。それもあってか修善寺には行っていなかった。

今回はひとりで伊豆箱根鉄道駿豆線と富士山を一緒に撮ること。思惑通り快晴で無風状態。路線バスで、修善寺駅から修善寺温泉まで足を伸ばす。今回は平日で道路はスムーズ。しかし中国の春節とあって、家族連れはたててい中国からのツーリストのよう。コロナウィルスが心配ではあったけど。

日枝神社、修善寺、指月殿、竹林の小径、独狐の湯、しゅぜんじ回廊など、有名観光スポットと言われる場所をほぼ巡る。今年は暖かいので、梅は咲き出していた。帰りは三島駅の立喰でソースカツ丼とそば。三島は少し前に柿田川などを歩き、ソースカツ丼が名物とわかっていたのだ。価格の割にうまい。
















2020.01.21 Tuesday 11:47

もちてつ ドクターイエロー

もつてつ ドクターイエロー


2年くらい前、スマホのモバイルバッテリーを持つなら、使えなくなっても手元に置いておけるから、多少高くても充電時間がかかっても気に入った形の方がいいと考え、黄色のドクターイエローの“もちてつ”が欲しくなり、ネットで在庫があるのを確認して新宿ヨドバシカメラへ。店頭に見あたらないのでカウンターで聞いても「そんなの知りません」。スマホのヨドバシサイトの画像を見せたら、「ちょっと待ってください」と奥へ。しばらく待つと「これですか」と見せてくれ、確認して購入。


本体だけでコードはなし。新しい規格のUSBアダプターは付属。充電中は赤いテールライトが点灯。充電が終了するとヘッドライトが点灯する楽しい仕掛け。Nゲージより少し大きいからスケールは1/100かな。気に入ってカバンやデパックにいつも入れて移動。助かったのはカメラのバッテリーが切れたとき。試しに繋いだら仕えたのだ。


1年くらい使っていたらブルーの塗装が剥げてきた。まあいいかと使い続けると内部でガチャガチャ音がする。気になって内部を明けたらロウソクを暖めて接着する“グルーガン”で充電池本体を止めるだけで内部の半分は空間。接着が取れて充電池本体が内部で前後に動いていたのだ。


私はグルーガンを持っていたので元のように接着。音はしなくなった。めでたしめでたしと思ってまた使っていたら充電されなくなった。購入してから2年。接点が緩くなったようなので再度開いて内部を見る。USBの差込口もグルーガンで固定されていたので除くと、小さなビスで片方だけ止めて、もう片方はグルーガンだけでビスは無し。こりゃダメだと使うのを諦め、新しい普通のモバイルバッテリーを購入しました。小さいっ。


もつてつ ドクターイエロー


もつてつ ドクターイエロー


結論として。もちてつは持ち歩きしないで予備として使う方法が、塗装も剥がれないのでいいよう。ネットでもちてつを検索したら、安くなって再発売されたみたいだ。台車ははずれやすく、私のドクターイエローの片方の台車は紛失。再発売の製品は台車は車体と一体になったよう。それがいい。


私のは前のもちてつなので、上記は初めの製品の使い心地として見てください。



2020.01.18 Saturday 13:07

清水公園へ行ったらお寺があった

東武鉄道のカードがもらえるカルタスタンプラリーに付き合って、孫と東武アーバンパークライン(野田線)清水公園駅へ。スタンプを押してすぐ戻るのも嫌なので、駅名が清水公園なら清水公園があるだろうと探したら20分ほどあるとあった。

大きな敷地で森林の中に施設が点在している。すぐ寺院が現れる。古い仁王門もあるが公園との区切りはない。跡で調べたら室町時代に開山の古いお寺。清水公園も野田の醤油醸造家が開園した民営の公園だった。入園利用は取られないが、国内最大と言われるフィールドアスレチックや子供遊具などを利用するには各々料金が必要。

春日部に戻ってカードに交換してもらう必要があるし、浅草ポポンデッイタに行きたいと言うので清水公園駅に戻りました。

野田金乗院

野田金乗院

野田金乗院

2020.01.17 Friday 11:13

雨の国分寺を歩く

以前、自家用二輪車で多摩川の支流、野川の多摩川に流れ込むところから、ずっと遡り源流を探したことがある。野川公園を越えて住宅街を走り、学校の校庭の暗渠に入ったらわからなくなって諦めた。気になっていたがテレビで国分寺お鷹の道を放映中に、野川が写っていた。

時間が空いたが空は曇り。天気予報をみるとずっと曇りなので電車で出かける。JR中央線の国分寺駅に降りるのは多分初めて。一里塚の当たりの野川があると地図に出ていたので歩いて進む。カーブを下ったところが休憩所になっていて下に川。野川だった。

周囲を回っていると雨が降ってきた。帰ろうか進むか迷う。降ったら雨宿りすればよいっと割り切って、お鷹の道の矢印を進む。細い流れの脇に散歩道と矢印が整備されていて迷うことはない。

やがて本当の国分寺が現れ、崖の上に薬師堂や八幡神社が並んでいる。門の先が広大な武蔵国分寺跡。発掘・整備がかなり行われていた。鎌倉街道跡があるらしいので向かう。JR武蔵野線を超えると尼寺国分寺跡が整備されていて、西国分寺駅方向に行く切通が伝鎌倉街道と出ていた。

大きな通りに出て、再度武蔵野線を越えると東山道跡の石碑。横に図書館や公園が広がっていた。住みやすそうな感じ。案内図から日立研究所内池が野川の源流と判明。暗くなったので国分寺駅に帰ろうと住宅地の道を歩いていくと細い川。日立研究所から出てすぐの野川だった。

国分寺は思ったよりいろいろな史跡があることがわかった。そして武蔵国分寺跡はものすごく広い。桜の古木が続いているところが多いので、快晴の春に再度歩きたいと思いながら帰る。


















2020.01.10 Friday 12:01

池上本門寺初詣

初詣は帰省してしたけど戻ってきてからしてないので、4日に池上本門寺へ。まだ大勢の方がお参りにきていて、出店もたくさん出ていた。本堂や周辺のお堂を参拝。おみくじををひいたら末吉。「一年いろいろ気をつけなさい」ということかな。






2020.01.06 Monday 10:14

初詣

いつものように帰省して紅白を見て、近くの神社に一人で二年詣り。父親が存命のときは私と弟を連れて行ったのだが、弟は足が痛いとリタイア。明けて正月、善光寺に初詣。毎年ダルマを買ってきてほしいと母親に頼まれるのだが「今年はいい」と言われ。みんな歳を取ったと実感。

善光寺は少し並んで参拝できた。帰りもいつものように善光寺宿坊の通りを抜けて、恵比須さんと秋葉神社、息子が住んでいたアパートを巡ってカミサンの実家へ。義父と義母の仏壇に一年に一度手を合わせた。












<<new | 1 / 150pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode