2003.01.26 Sunday 13:44

ナイアガラ



看板を見ればわかると思う。鉄道ムードの店でカレーが有名。店の前も鉄道グッズがもりだくさん。祐天寺にある鉄道模型屋さんにいく途中にあった。

2005.06.26 Sunday 01:38

たいめいけん



オムレツで有名な「たいめいけん」。オムライスだけではなく、洋食のメニューもある。驚いたのはラーメンもあること。上はラーメンだけたべられるカウンター。店の横の路地にある。

2005.12.31 Saturday 02:06

岩槻



人形で有名な岩槻の街。メインストリートというか、大きな通りだったけど、人通りは少ない。1年に2度(ひな祭りと端午の節句)で稼ぐのは無理っ、とタクシーの運転手さん。少子化と部屋が狭いこともあるのでは……。

2007.11.14 Wednesday 02:26

工大祭

工大祭

家の近くに東京工業大学がある。息子が大学に行くっ、と言ったとき「近くだから行けっ」といったけど、「逆立ちしても無理」ということで、尾山台の学校へ行った。いつもプロ野球の日本シリーズがある次期に工大祭がある。いつも同じような展示なので、最近は行っていなかった。息子の方へ行っていたこともある。

今回は自家用2輪車で校門を入る。すぐ腕章を巻いた実行委員が飛んできて「降りて押してください」と言われる。パンフレットは最近はどこもちゃんと印刷するようだ。印刷もデジタルになって安くなったこともあるし、誰でもパソコンを使えるようになったこともある。帰りに抽選で景品がもらえるようになっているらしい。

とにかく人が多く「お好み焼きいかがっすか?」とか声がかかる。そうだ前に折りたたみ自家用2輪車で工大祭に行って、酔った学生が乗った自家用2輪車に横から体当たりされて、前のギヤが曲がって、すぐチェーンが外れるようになったことを思い出した。それは別として人の少ない場所でしばらく人の流れを見る。

ちょうど前でガラス細工の実演をやっていて、透明なアクリル版の仕切に陽が当たりレフ板のような働きをして、前で見ている女性に当たっていた。しばらくして中を自家用2輪車で行くのは無理と判断して校門を出る。毎年同じかと思っていた工大祭だけど、少しずつへんかをしているよう。

-----

2008.01.02 Wednesday 15:40

眼鏡

帰省の途中、食事。てっきり食事をしたところで眼鏡を忘れたと思い、高速バスの近くにあるヨドバシで安い眼鏡を購入。ところが実家に着いてよく見ると、バッグの中に入っていた。

なくしたと思い。今後のこともあるのでヨドバシで二つ購入。三つ持っての帰省となった。まぁいいか。よくなくしすから。

-----

2008.06.28 Saturday 14:31

自由ヶ丘

消防車

自由ヶ丘の外れを走っていると消防車が数台止まっている。救急車も。煙は出ていないので火事ではなさそう。人が集まっているが危険だから近寄らないでとスピーカーで言っている。大きなホースがマンションに運び込まれる。中の空気を吸い込むようだ。今、話題になっているガス自殺ではなさそう。最後まで見ていると時間がかかりそうなので、しばらくして切り上げる。ニュースでやらなかったから、それほど大きな事件ではなさそう。
-----

2009.01.24 Saturday 02:54

七宝

P1230003.jpg

仕事で名古屋へ。その地名が七宝。気にしていなかったが打ち合わせ中に七宝焼の「しっぽう」で、その名前はここから出たと聞かされる。近くに七宝アートアカデミーがあるというので帰りに立ち寄る。行く途中から「七宝」の名前が続々と出てくる。窯元とか即売所とか、七宝幼稚園なども。

アートアカデミーは広い土地の中の建物で、人はまばら。七宝焼き体験コーナーがあって、初夏から秋の暖かいときは、人が多いのだろう。伊吹下ろしの冷たい風が吹いている今は閑散。しかし贅沢な土地の使い方だ。

P1230005.jpg





-----

2009.11.15 Sunday 22:49

キネマ倶楽部

20091104.jpg

飯田橋のJR乗場前に手描き映画看板のミニチュアがたくさん並んでいた。それも両側に。草加杵か倶楽部と書かれている。懐かしの手描き看板を復活そせたものらしい。私が子供の頃は、手書きの映画看板全盛期。各映画館の看板はポスターではなく手描きだった。子供ではあったけど、うまい下手があったのは覚えている。

飯田橋駅の駅ビルでは夜、外にスクリーンを張って映画大会が行われるようで、衝立の陰に映画館で使われる大きな映写機が置いてあった。近くの映画館ギンレイの名前が書いてあった。ニューシネマパラダイスのような感じになるのだろうか。行くことはできなかったのだ。
-----

2009.11.20 Friday 01:01

かりんとう専門店

IMG_1396_1.jpg

麻布十番にかりんとう専門店ができて行列ができているといので行って見る。というのも2年と少し前に麻布十番に会社があって、毎日通っていたのだ。その後会社が移転してしまったので、時々行く程度になってしまった。

豆源の向かいにかりんとうや専門店はあった。前は江戸時代から続く陶器屋さんだった場所。小さな店で、退化に道路まで客がはみ出していた。物色するのが面倒なので、テキトーに三品選択。レジを待つ。そうすると茶のかりんとう色をした饅頭がレジにある。常連さんらしき客が2つ、4つと注文して買っていく。これが名物か。まっ、次回。

有名な麻布十番温泉が閉鎖というか、閉店になったことは以前書いた。温泉跡は駐車場に変わっていた。道路が狭いから重宝すると思う。そうしたらここもしばらくするとビルが建つと聞いた。まあ日々変わっているっ、と。
-----

2012.06.10 Sunday 23:41

赤坂ワイズロード



少し前、電池を交換した自家用2輪車用のアナログ時計をもうひとつ購入。息子に赤坂のワイズロードの場所を教えたら行ってきて、700円で売ってたと聞いて、メーカー取り寄せで頼んでおいたカメラのフードを、有楽町ビッグカメラに受け取りに行った帰りに寄ってみる。自転車のパーツをプライスダウンして売るフロアが売り物の店になっていて確かに物によっては安い。 

トレックから発売されている自家用2輪車用のアナログ時計は初め見あたらず、デジタルが1500円で売られていた。サドルが破れかかっていたので「半額」のポップに引きずられレジに持って行き「アナログは…」と聞くと、「ありますよっ」とアナログ時計が入った箱を持ち上げるとゴッソリ出てきた。「黒は売り切れてしまって…」と恐縮されたが、元々黒は買う意志はなかったのでカーキ色を購入。

家で開けると値札の下に3000円の文字。だから700円は安い。お得。中に新しい電池が入っていた。製品の電池は切れてますよっ、ということか。ものすごく面倒な電池の入替は、少し前に経験済み。入れ替えると動き出した。パッケージと取説が前に買ったときと違うような気がしたけど、ロットがちがうのかな。いずれにしろ自転車用のアナログ時計を探しているなら,かなりお買い得。買うべし。

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode