2000.11.11 Saturday 21:30

酉の市







1年が経つのは早いもので、もう11月も半ば、酉の市の立つ季節になった。麻布十番稲荷神社の酉の市にブラッと行ってみた。神社の入口の商店街に屋台が出ていた。商店街の人たちがやってるようだ。

熊手を売る店もあまり立ち寄る客がいなくて手持ちぶさた、やっぱり景気が影響しているのかなっ。神社の熊手と福財布は結構繁盛していて巫女さんも大忙し。

今年もあと1カ月半、何回も言うけど本当に早い。




2001.01.01 Monday 01:25

二年詣り





帰省して近くの神社に二年詣り。紅白が終わって出て、着いてお詣りをすると次の年になるので一度で二年お詣りするというわけ。普段はだれもいない神社も近くの人が次々と出てきて大忙し。それが左上の写真。

お詣りが終わってお札とお神酒をもらった後は境内の焚き火で暖を取る。 雪はないけど夜はやっぱり寒い。去年のお札とダルマを燃やす。

2001.01.02 Tuesday 01:30

善光寺





二日に善光寺に。行くつもりはなかったけど、近くを通ったので「じゃ」ということで寄ってみる。もう日が暮れていて照明に照らされていたが、さすがに善光寺、まだたくさんの参拝客がいた。特におみくじは行列になっていた。左が本堂、右が仁王様。デジカメは夜景がきれいに撮れる。

2001.01.10 Wednesday 01:35

金比羅さん



虎の門の仕事先に新年のあいさつに言ったらピーヒャラ、トンツクという音が聞こえてきた。テープの音だったが行ってみるとビルの谷間に金比羅さんがあった。近くの人の初詣でまだ賑わっていた。

2001.03.13 Tuesday 02:02

蕎麦屋






蕎麦屋の老舗の写真を2つ。「やぶ」と「砂場」。神田のやぶは仕事で蕎麦をうったいるところまで入ったことがある。入口に竹薮があったので「やぶ」と名付けたと言われた。点前に少しだけ残っているのがその竹薮??。そしてもう一つ有名なのが砂場。

麻布十番にも2の老舗の蕎麦屋があるがいずれも現代的なビルになっているが、この2つは昔ながらといった感じ。

ちょっとネタ切れなので以前撮ったものから掲載。

2001.06.19 Tuesday 00:12

電信柱の看板



東横線反町から高島隧道の上を越えて、横浜方面に歩いたときに見つけたもの。電信柱は木製ではないけど昔の看板。多分パイプの陰に隠れていて、パイプを撤去したので、下から出てきたと思われる。かすかに見うるふりがなから「オカメ」と読める。寿司屋さんか蕎麦屋さんかなっ。

2001.06.21 Thursday 00:15

水天宮



水天宮近くのホテルでイベントがあった。その帰りに水天宮へ寄る。2人の子どもは水天宮でお札と犬帯をもらった。お札は和紙に墨で書かれているようなもので、それを水と一緒に飲み混むと安産なのだそうだ。カミサンがそのとおりに飲んだら2人の子どもはスルッと出てきたのだという。生まれた後も夜泣きは2人ともあまりしなかった。大きな病気もケガもしていない。

まっ、そういうわけで近くに来たのでお礼参りなのだ。前とそれほど変わりはなかったが水天宮近くに多かったマタニティ用品の店の数が以前より少なくなったように感じた。


2001.08.07 Tuesday 00:53

レンガ造り



住所表記は南麻布。なんか北海道の小樽もどきの風景。仕事先の途中にあって気になっていたので撮影。確か中は工場の事務所になっていたはず。まだ現役というわけ。

2001.10.08 Monday 01:12

雑貨屋



新橋のビルの間にある店。おにぎりと書いてあるから雑貨屋?酒屋?。いずれにしても周囲とアンバランスではあるけど、自分を主張している建物。

2001.12.03 Monday 10:31

三の酉



麻布十番の神社で「三の酉」。三の酉まである年は火事が多いとか。商店街の店かたくさん出ていた。まだ明るいので上の写真はまだ準備中。


<<new | 1 / 13pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode