2019.11.29 Friday 14:45

高幡不動金剛寺

都内の紅葉も見頃に近づいてきた。行ったことのないところで近場はないかと探す。高幡不動が見頃らしいので、ここに決定。駅から少し歩いて到着。思ったより広くない境内に新旧建物、土方歳三関係、玉南鉄道碑などが建っていて、不動堂では七五三祈願が行われていた。その後ろの丘には高幡城があったという。紅葉を楽しむ前に、まずはお参り。














2019.11.30 Saturday 14:58

高幡不動の紅葉

高幡不動尊境内にはもみじが多く植えられていて新旧寺社建物とのコントラストが美しい。イチョウや終了した菊まつりの飾りも残っていた。ゆっくり歩いて境内をまわり撮影。建物と一緒に撮るなら朝から午前中が陽が当たっていいかも。私が着いたのは昼過ぎで、後ろの丘の影になって逆光だった。














2019.12.02 Monday 14:38

山内八十八ヶ所巡礼コース

行く前に高幡不動尊についてはネットで調べてから出かけたが、背後の不動ヶ丘に山内八十八ヶ所巡礼コースと高幡城趾があるというのは全く知らなかった。境内に置いてあった案内マップで初めて知り、山の中を歩いてもいいと思って出かけたので、知識がないまま上り道を歩いていった。

初めに石積の山内経之供養塔が現れ、数字の1が書かれた木製矢印があるので、それに従って進んでいく。小さな石像があって右手に五鈷杵、左手に念珠を持っている。台座に彫られているのは寄進した方の名前か。ミニ弘法大師なのかな。

次に石像2に進むと同じ大きさと姿勢。表情が少し違うのがほほえましい。次の石像への矢印があるので、迷わず進むことができる。草木には名札がかかっていて、山紫陽花が多い。梅雨の時期には見頃なのかな。途中、見晴台や、彼岸花畑、高幡城趾があって、近所の方が犬を連れて散歩をしていた。
















2019.12.05 Thursday 11:57

高幡不動尊の提灯

もみじまつりが行われていて、初めの土日には萬燈会が行われたらしい。それは知らなかった。名残りか境内の建物には、普段は飾られていない提灯が掲げられていた。巡礼コースの八十八の石像すべてに手を合わせ、高幡不動尊境内に戻ってくると暗くなって、建物に掲げられた提灯に灯が入っていた。

まだ観光パスで参拝にくるグループもいる。灯りが入った不動尊を楽しむのだろう。京王線の高幡不動前駅に戻り帰る。











<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode