2020.09.05 Saturday 11:28

富津公園

前から行ってみたいと思っていた富津公園は、県立で南房総国定公園の一部。東京湾の入口の片方で、対岸は三浦半島の観音崎。東京湾防衛要塞の一部で、遺構が残っていることから。以前から行ってみたかった場所だった。

ネットで富津岬の突端に明治百年記念展望塔の写真を見て、天気も良さそうだし出かけてみることにした。木更津までは電車。ここから先は本数が減る。西口から富津公園行きの路線バスが出ているので乗車。途中、豪雨に見舞われる。続くと嫌だと思っていたら晴れてラッキー。40分くらいで富津公園に到着した。

コロナ禍と残暑のためか駐車場はガラガラ。載ってきたバスとその他少しだけが見えるだけ。店も全部閉まっている。プールは営業せず。ネットではあった国民宿舎は建物がなかった。

岬の明治百年記念展望塔までは徒歩20分とネットに出ていた。駐車場の反対側に池と小山があった。中の島らしい。戦争遺構が残っていると言われているので。先に見ることにする。








2020.09.07 Monday 15:57

陸軍技術研究所富津富津試験場

中の島の回りを池が囲んでいる。古い橋があるので渡ると階段。池は堀、島は城のような感じ。階段を登ると中に平地がある。お台場の砲台跡と同じような構造だ。半円の崩れかかった石垣は砲台跡らしい。

一段高い白色の建物がある。展望台で登ると展望が良い。みんな行かない穴場、とネットに出ていた。近くに行くとロープで囲われていて“危険禁止”になっていた。みんな行かないから手入れはしていなかったのかな。猫がゆっくり毛繕いをしていた。

その他は手入れは良く、手摺りが付いて階段は補修してあった。歩いて回るとレンガ造りの物置のようなものが残っていた。岬まで徒歩20分。その間に富津試験場の監視所跡を見ていこうと歩き始めた。しかし中の島周辺は手入れがされていたが、その他の森手付かずでジャングル、雨の後で塗れていて、分け入ってさがす気にはなれなかった。冬の落葉の時期に行けば見られるかもしれない。しかし私が戦争遺構を知ってから10年以上経っているから、もう片づけられたのかもしれない。
















2020.09.10 Thursday 10:35

明治百年記念展望塔

20分で富津岬の突端に建つ明治百年記念展望塔に着くとネットに出ていたが、もっと長く歩くのではないかと思われる。真っ直ぐな幅が狭い歩道を歩くからそう思うのかもしれない。やっと着くと明治百年記念展望塔の横に駐車場があった。歩いているのは私ひとりだったのだ。これから行く人には車で行くことを勧める。


明治百年記念展望塔は鉄骨の部分は錆びて、コンクリート部分は塗り直してあった。エレベーターなどはなく徒歩で登り降りするしかない。本当の突端や周辺の岸壁も崩れた個所がが少しある。車で来る人はほとんどカップル。一人は物好きな私か釣り人だな。


富士山が見えないかと思ってきたが無理そう。夕焼けまで待つ手もあったが遅くなりそうなので帰ることにする。来た時のルートを逆。来た時はガラガラだった木更津行の路線バスは、夕方の通勤時間で満員。コロナでステイホームを守っていたが、久々に遠くに来たというお話し。










<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode