2007.03.08 Thursday 01:55

湯河原

湯河原

熱海まで輪行。ここから折りたたみ自家用2輪車で湯河原へ。少し止まって休んでいたら屋根に前輪だけ外して2台乗せている車が通る。車があればこういう手もあるのだが、私は免許を持っていない。我が家は子供を含めて4人だが、だれも免許を持っていないスローな家庭なのだ。だから輪行するしかない。

狭い国道153号を走った。歩道も1メートル以下のところが多いし、歩道もないところもある。こんなところを走るのは私だけかと思ったが、ロードで車道を走る本格派も。
-----

2007.03.10 Saturday 02:52

海音寺

海音寺

熱海から真鶴まで折りたたみ自家用2輪車で走った話を続ける。国道153からJR湯河原駅に別れるところに「海音寺」があった。その入口にあったお地蔵さんの写真が上。大きなお寺のようで、本堂は奧にあるのか、全く見えなかった。


-----

2007.03.11 Sunday 13:31

福浦港

福浦港

熱海から輪行して、湯河原から真鶴に折りたたみ自家用2輪車で向かう。湯河原の先、吉浜からは国道153号と別れて海岸沿いに行く。すぐに小さな漁港があって福浦というらしい。これなら海岸沿いに行けると、どんどん進む。漁港を過ぎると登り坂の細い道に。上に行けばなんとかなるとそのまま進む。道はもっと細くなり、自家用2輪車では昇れないほどの急坂に。坂道というより山道になってきた。舗装してあったが土がむき出しになってきた。

引き返すことも考えたが、結構来てしまったし、下りといっても自家用2輪車で一気に走り降りることは無理。歩きになる。それならと更に山道を上へ。くねくね曲がって登っていくと人家があった。それならもうじきかと元気になる。さらにもう一軒。道もコンクリートになった。

頭の上の木がなくなって明るくなると車が通れるくらいの幅の道に。これで帰れるとホッ。自家用2輪車でも走れるようになった。真鶴なら下りの方向と判断して走る。ただ右に海が見えないといけないのに左に海が見える。おかしい。庭に出ている地元の方に聞いてみる。JR真鶴駅は反対方向だった。道も国道153号ではなく、真鶴岬に向かう県道だった。海が左に見えるわけだ。

反対方向に進むと、前に来て見覚えのある駅舎が見えてきた。空腹だったのでコンビニでカップラーメンを買って食べる。座ると急な山道を登ったこともあって爆睡。
-----

2007.04.14 Saturday 02:12

吉浜の家

吉浜の家

熱海に折りたたみ自家用2輪車で輪行したときに、吉浜で撮った写真。家とその前に停めてある自動車の色が同じ色で面白いので撮ったもの。家は会社のようでもあり、自宅のようでもあり……、よくわからない。古い家の壁と屋根をトタンでおおって色を塗ったのだと思う。それにしても色がいっしょ。よほどこの色が好きなんだ。
-----

2007.05.10 Thursday 01:43

木場公園

木場公園

後輪のタイヤを交換して、こぐ力が軽くなった自家用2輪車で、ゴールデンウィークに江東区の緑道をめぐる。永代通りを浦安・葛西方面に。途中深川閻魔堂があったりして公団らしき建物が目立つようになると、いきなり陶器バザールの大きな風船の入口。木場公園だった。道路沿いに広いお花畑。

ベンチで寝ている人やら、ラジカセでダンスの練習やら。多分彼女をモデルにしているんだろうけど、お花畑の中でレフ板を使って本格的人物撮影。ポーズもいろいろ注文をつけていたけど、何となくぎこちなかったから、多分彼女か友人。江東区を自家用2輪車で回るのは初めてだけど、公園が多い。特に親水公園が。住むにはいいかなっと思いつつあちこちめぐる。
-----

2007.07.04 Wednesday 18:10

ロングライド

柏の葉公園

いつもは小出しにするのですが、今回は一気に掲載。柏周辺にロングライドの話。

柏の葉キャンパス駅近くは昔、陸軍柏飛行場でロケット戦闘機秋水の施設がまだ残っているというので、行ってみたいと思っていた。特に地中から飛び出した通気口が写真でみると異様で、実物を見てみたかったのだ。

柏までなら約40キロ。3時間と少しで自家用2輪車着くとふんでいた。晴れて早く目が覚めたら決行と思っていたが、6月の後半は雨が多く、特に休日は雨ばっかり。以前、つくばエクスプレスに乗ったときサイクリングロード特集の冊子が駅に置いてあって、柏の葉キャンパス駅にはレンタサイクルがあると出ていた。多少の雨だったけど家にじっとしていたもつまらない。レンタサイクルで走ればいいかと遅い昼飯を食べた後に出かける。

家を出たときは曇り空。一応折りたたみ傘は持って出る。つくばエクスプレスは何度も乗っているのでりんかい線から武蔵野線を経由して柏の葉キャンパスへ。駐輪場にレンタサイクルがあると書いてあったので駐輪場へ。ありますよっ、とのことで200円を払う。多分置いてある自家用2輪車は「ママチャリ」だろうと予想していたが、その通り。変速のない正真正銘のママチャリ。スポーツ車があればと淡い期待をしたいたが。

駐輪場のオジサンの対応は良かった。降り出しそうな雨も心配してくれた。走り出すと心配したくれた通り雨が降り出したので、折り畳みの傘を取り出し片手に差してゆっくり走る。ママチャリは昔、子供を後ろに乗せて遠くまで行ったものだが久しぶりなので乗り心地がすこぶる悪い。急に思い立ったため、地図などの準備が不十分。柏の葉公園周辺を何回も回ったけど目的の秋水の貯蔵庫らしきものはなし。公園の中にある体育館の受付嬢で聞いたけど「そんなのあるんですか。知らない。」とつれない返事。雨で視界が悪いし、片手運転。暗くなって来たので帰ることにする。

上の写真が柏の葉公園。手前に写っているのがレンタサイクルのママチャリ。この向こうに柏レイソルのサッカー場があった。下は柏の葉公園にあった唯一の収穫写真。公園付近は昔、陸軍の飛行場でしたという看板。

柏飛行場跡の看板

帰った後、秋水の貯蔵庫跡をウェブで調べ、私製GPSにデータを入れて次の日曜日も薄曇りだったけど、ロングライドに挑戦。

いつもカバンの中には愛用の首都圏版のミニマップが入っている。埼玉や千葉、静岡あたりまで出ているので、この一冊でたいていは間に合う。豆相人車の跡を輪行で走ったときも見た。今回の柏周辺だと、つくばエクスプレス開通前の発行のマップだったので路線は載っていない。晴海大橋も出ていないし、お台場周辺の情報も古い。それにボロボロになりかかっていたので、最新版を購入。

地図では水戸街道をずっと進めば柏に出るということがわかったのでスタート。水戸街道は以前、京成お花茶屋駅まで行ったことがあったので大体の道はわかる。そう思いこんでいたら浅草を過ぎて言問橋を渡る道を間違える。地図を見たら、人だけが通れる桜橋があったので、戻らずにすんだ。

四つ木当たりからは初めて通る道。水戸街道は都内は道も広く路肩を走りやすい。千葉に入ると路肩が狭く、車もスピードを出す。途中で腹ごしらえをかねて地図をチェック。もう少しで着くことがわかった。たくさん食べると腹が苦しくなるので軽くすませる。

東急柏ビレッジに秋水貯蔵庫あると書かれていたが見あたらない。私製GPSで確かめると柏ビレッジ内ではなく端の方。寿司屋の裏らしいので寿司屋をさがす。裏に行くとあった。

秋水燃料貯蔵庫

国有地の看板の後ろにコンクリートの塊。すぐ横は住宅地。この先に目的の通気口跡があるというので自家用2輪車でさがす。昔からある農家と畑の間を走っていくと通気口が戦艦の大砲のようにニョキと出ていた。

秋水燃料排気口 秋水排気口反対側

5本の通気口の下が燃料庫。戦争中は管全体が土で覆われて目立たないようになっていたらしい。この横に石の古い階段があって崖を降りられるようになっている。崖沿いにあるいて見ると燃料貯蔵庫の入り口らしきものがある。多分、崖の下全体が燃料庫で上空からわからないようになっていたのだろう。柏飛行場からも離れたところにあるのもそのためかな。

秋水排気口の階段 秋水崖の貯蔵庫跡

柏ビレッジの周囲を自家用2輪車で回り暗くなって来たので帰ることにする。水戸街道を目指し柏市街方向へ。水戸街道に出て、柏駅が寄り道。また戻りひたすら走る。言問橋を渡ったところで水戸街道(都内は江戸通り)から外れてしまった。暗かったし5差路になっていたので。地名で入谷の文字が目に入ったので上野方向に走っているとわかる。清洲橋通りに出て少しして尻も痛いし、家にも遅くなると連絡しなければならないし休憩。地図を広げて位置を確認。

家に帰れば夕飯があることは電話をしてわかっていたが、腹が減って力が入らない。目黒で「はなまるうどん」をかっ込んで一息。ここからはいつも走っている慣れた道。家に着いたら夜9時頃。メーターによると111キロ走ったことになる。風呂に入ってから食事。汗がすごかったのだ。

秋水排気口近くの石

最後の写真は秋水通気口の近くの畑にあった石碑。もしかしたら戦争当時からあったものかも。

-----

2007.08.24 Friday 02:47

新木場

新木場

前に江東区を自家用2輪車で巡ったときに、昔の木場の後が公園になっている写真を載せた。海抜ゼロメートル地域で、雨が降ると木が流れ出して大変だったと、年配の係の人が話してくれた。「新木場ができたけど、木が全くないけど……」と言っていたが、上がその新木場。

貯木場というよりプールか釣り堀。全く木がない。しかしこの回りを走ってみると木のいい香りがしてくる。木はあるのだ。昔は木を丸ごと貯木場に置いておいて、必要なときに切ったりしたのだが、交通が発達したり、経費削減のために切ったものが入ってくるようになった。海外からもそうらしい。プールのようにしてほっておくなら、埋めるか、本当に釣り堀か競艇場にした方が有効利用できるような木がするけど。

若洲海浜公園

新木場に行ったあと若洲海浜公園へ。大きな石や金属の彫刻が置いてある。サイクリングコースもあって、自家用2輪車も貸し出しもあり。
-----

2007.11.26 Monday 00:33

国道17号

17号

大宮にできた鉄道博物館まで自家用2輪車でチャレンジ。ヤフーの鉄道路線で検索すると、最も近い路線で42キロ。長いと46キロ。それなら多分2時間半でつくと判断。前に上尾から通勤していめ人に聞いたら100キロと言われて5時間はかかるなっと思っていたけど50キロ弱ならなんとかなると出かけた。

愛用の携帯用の地図を見ると国道17号をひたすら走れば着くことがわかる。しかし地図上に17号が2つある。それで春日部から都内まで自家用2輪車で通った経験のある人に聞く。「旧道を行くべし」のアドバイス。それなら以前王子にいくときに白山通りから明治通りを曲がった。それを真っ直ぐ行けば17号になる。

いつも会社に行く途中から本郷通りに向かう。上を見ると17号の道路表示。ここから17号なんだと実感。後ろで看板の長島さんも笑っている。かなり前の長島さんだけど。17号を走ると風が強くてずっと向かい風。いつか風向きが変わると走ったがついに大宮まで向かい風だった。

赤門 都電

本郷通りで赤門前を通る。将軍の息女をめとった大名だけにゆるされた門らしい。東大は加賀百万石の屋敷跡。白山通りでは都電とクロスする。

前に柏まで行ったときは水戸街道を走った。それな比べと17号の方が整備されている感じ。特に路肩がきれいに掃除されていて段差がなく走りやすい。ただ戸田橋は怖い。橋の部分は車道が狭いのだ。歩道も一時なくなる。遠回りして土手に登ってくる必要がある。
-----

2008.04.29 Tuesday 22:41

鹿島神社

鹿島神社

ちょっと違った道を自家用2輪車で走る。品川方面へ。以前偶然通った品川歴史館あたりへ出ると当たりをつけて走る。池上通りに出て少し行くと見事に歴史館に出た。しかし休館日で入れず。もう少し池上通りを走ると大きな神社の敷地に出た。見上げると「鹿島神社」。あの鹿島神宮から900何年かに分けてもらって云々……と書かれていた。品川百景の看板も。大きな木が茂っているので境内をぶらぶら。そうしたら地元の人だと思うのだけれど、結構お参りに来る人が多い。
-----

2008.05.22 Thursday 00:52

中津渓谷

中津川渓谷

秩父鉄道三峰口駅から中津渓谷へ行くバスは、一日4本。途中からは乗客は私ひとり。途中、昨年の台風で崩れた路肩を工事している区間があって片側通行。着くとバイク(自家用2輪車ではない動力付きのヤツ)のツーリングで一息つく場所のようで、数台止まって休憩中。

温泉とバンガローがあって夏にはにぎわいそう。木に触れあうこともできるようになっている。吊り橋がかかっていて尾瀬のような遊歩道が続く。お花畑もあったけど花の名前の名札だけ。初めは整備していたけど、途中からまったく手入れをしていない花壇のよう。遊歩道の先は湧き水があって、その上に神棚。あまり人は来ない場所だと見える。河原ではバーベキュー。夏がいちばんいいのかもしれないとおもいつつ一日4本しかない帰りのバスを待った。

中津渓谷わき水

実は行き先を間違えて中津渓谷に来て、時間をつぶしたのでした。
-----

<<new | 1 / 11pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode