2009.04.30 Thursday 02:24

新・折りたたみ自家用2輪車を購入

P4190003.jpg

権の助坂をくだって目黒川を渡り、昔都電が走っていた、斜めに目黒不動に向かう道を自家用2輪車で走っていたら、レトロなホーロー看板がずらっと飾った店が。飲み屋さんのよう。日曜日で閉まっていた。

話は変わって、折りたたみを購入。シボレーは娘の専用になってしまったので、乗ろうとすると定位置にない。それとかなり傷んでいるので購入。小ささを選ぶか、走りを選ぶかでずっと迷っていたが、黄色のBD-1のビアンキバージョンを店で見て欲しくなった。ゴールデンウィークに出かけたいと思っているので。輪行袋も新しいものに。こちらも傷んできたし……。

-----

2009.05.24 Sunday 03:30

小さな瓶

P5240094.jpg

ビアンキの折りたたみを購入したとき、折りたたみ方だけ教えてくださいとショップの方に。ショップの方も全部の自転車のことを知っているわけではないようで、あれっ、こうだったかなっといった感じ。説明書に書いてありますから。と言われたので、家に帰って説明書を見ると、貧弱の一言。自転車の部分の名称、乗り方が出ていたが折りたたみではない大きな自転車の図と文章だった。まっ、たたみ方は雑誌やWEBで見てはいたので気にはならなかった。その薄っぺらな説明書とともに黄色の小さな瓶が入っていた。マニキュアの瓶のように蓋に筆が付いている。

結局何かわからなかった。輪行を2度して、折りたたんだとき地面に接する車体の塗装が少しはがれていることに気がついた。どうやらマニキュアの瓶のようなものは、塗料ではないかと理解できた。だから購入して1ヶ月も経っていないのに車体の一部ははげている。

P5030110.jpg

P5030121.jpg

鑁阿寺の続きの写真です。下の足利尊氏の像は足利学校から?鑁阿寺に行く途中にあったもの。
-----

2009.05.27 Wednesday 02:24

猪苗代湖

P5050213.jpg

ゴールデンウィークに足利に続いて川桁へ。川桁と言っても多分知っている人は少ない。猪苗代の一つ手前の駅が川桁。無人駅で快速は朝の1本をのぞいて止まらない。駅の広場に「沼尻軽便鉄道の碑」が建てられて、高原列車は行くという懐メロは、沼尻鉄道のことだと書かれている。この廃線跡と、緑の村に保存展示されている沼尻鉄道の車両を見るために輪行したのだ。

沼尻鉄道は硫黄を運び出すために敷設された。近くの川を見ると石は黄色に染まっている。多分、硫黄が多く含まれているためだろう。猪苗代湖にも行ってみる。湖に沿ってサイクリングロードがあると地図に出ていた。野口英世博物館の手前までサイクリングロードし続いていた。晴天ではなかったので、猪苗代湖の湖面の向こうはかすんでいた。普通、こういう湖にはボートとか遊覧船があるものだが、まったく見ることがなかった。

P5050216.JPG
-----

2009.11.01 Sunday 12:25

アクアライン

IMG_0944.jpg

木更津から東京湾アクアラインの千葉側、袖ヶ浦まで走る。それほど遠くないだろうと思って走る。頭で考えていたくらいの時間と距離で、海側に凸型の長い橋が見えてきた。私、車の免許は持っていないので、写真とかで見たことがないのだが、多分そうだと海岸線の橋の下まで走る。

堤防に腰を下ろしボッーと眺めていると、近くに地元の人も数人集まっていて、双眼鏡で様子を見ながら
「きょうは空いているけど、4時を過ぎると混むな」
「ほら、4時になったら混んできた」
と話し合っている。

海側から車か詰まってきて長い列になってきた。そのうちにサイレンの音。陸側から消防車だと思われる赤い車が割ってきて「通してくださ〜い」と叫ぶ声が、スピーカーから聞こえてくる。見ている人の間から「事故だっ」の声。何も火事らしきものは見えず。橋の先の建物で何かあったようなのは確か。


-----

2009.11.04 Wednesday 00:29

川崎はすぐ近く

IMG_0940.jpg

アクアラインのある袖ヶ浦から対岸を見ると、川崎のビルがシルエットで見える。キャノンの20倍ズームで撮ると、ほんと近く見える。飛行船も飛んでいた。天気も良かったこともあって、こんなに近かったんだと実感。まあ、最も近い場所にアクアラインを作った、と。車が渋滞している状態を地元の人と見ていると、ポリバケツと釣り竿を持った若者が来て、釣りをはじめた。アクアラインには全く関心なしという感じ。その後ろ姿にカメラを向けたら、雲の形と色がきれいに撮れていた。このへんは前のオリンパスのデジカメより良いっ。

IMG_0945.jpg

-----

2010.08.01 Sunday 03:14

多摩川サイクリングロード

IMG_0098.jpg

日曜日に多摩川サイクリングロードを走る。丸子橋から川崎側をまず二子玉川へ。サイクリングロードで階段のある小さな橋はそのままだった。近くに立派な橋ができたので、いつか切り替わると思ってでかけるのだが、まだのよう。だからいちいち降りて橋を渡る必要があって、ちょっと面倒。それから小田急の下をくぐってから表れる橋を渡り反対側へ。橋の上から撮った貸しボートの写真が上。帰ったら腕が焼けてた。夏だから白いよう良い。

IMG_0092.jpg
-----

2011.06.13 Monday 01:25

西沢渓谷入口行

IMAG0024.jpg

前から気になっていた西沢渓谷に行く。土曜日に行こうと思っていたけど雨。日曜日は曇りでなんとか持ちそう。来週の土日の天気も芳しくない。まあ、梅雨なんだからこんなものなんだけど。それで日曜日に出かける。本当は土曜日に行って日曜日は疲れを取りたかったけどね。

山梨市まで特急あずさで輪行。ここからバスで西沢渓谷へ。バスと行ってもマイクロバスのような大きさ。秩父の入川渓谷へ行くバスはもっと小さかった。それでも「自転車いいですか」と聞くと笑顔で「いいよっ」。「後ろに座って」と。前に置くと通路をふさいでしまうからだ。

バスは大きな新しい通りてはなく、以前からある細い道を走る。その方が住居があるからだ。一部は細い道を集落のあるところまでかなり走り、広場で向きを変えて、また細い道を戻るところもあった。最後は2人だけ。運転手さんは帰りのバスのことを気にして声を掛けてくれた。そう
15時を過ぎると山梨市に行くバスはなくなるのだ。1日上下4本だけ。それで帰りは折りたたみ自家用2輪車で一気に下ろうという考え。ほとんどくだりだから楽と。
-----

2012.11.16 Friday 01:47

ワイヤー切れる



ビアンキフレッタで会社に行く。秋になって涼しくなってきたので自転車通勤を再開。行きでの難関は目黒の権の助坂。坂だから力がいるのだが、何か変。ギヤを緩くしても切り替わらない。ずっと高速のままだから坂では辛い。次の難関は青山通りを過ぎて権田原から安珍坂。ここも辛い。どうやらディレーラーのワイヤーが切れてしまって変速が効かないようなのだ。

日曜日に購入した多摩川ワイズロードに走って直してもらう。20分くらいで修理終了。帰りは雨が降り始めていた。いつもディパックにカッパは入っているので取り出して着る。あまり強い雨には頼りないけど、丸めると小さくなめのでスペースを取らない。だからいつも持っているのだ。ギヤが切り替わると坂が楽。

上の写真は復元された東京駅のライトアップの様子。

2013.01.14 Monday 00:32

ブレーキワイヤー切れる



前に変速のワイヤーが切れたビアンキの折りたたみ自家用2輪車のフロントブレーキが効かない。途中で戻って自分で直そうとおもさつたけど、ブレーキハンドルを握ってもワイヤーが動かない。これはワイヤーが切れたと思い、環七のアサヒサイクルに持って行く。

隣の自転車屋が近いけど、ママチャリしか扱っていないみたいだし、以前チェーンを切ってアンカーピンを買おうとしたら、本に出ているスポーツ自転車に書いてある方法と違うことを言われ、目黒通りのスポーツ自転車店に走ったことがある。こっちは本と同じ方法だった。

アサヒつい来るは開店チラシが入っていたし、前も通ったことがある。ビアンキの折りたたみも置いてあったので、こっちの方がいいかなと。修理の店員さんは二人で対処していたけど、次々と来ていて順番待ち。店内を見て時間をつぶす。

やっぱりワイヤーが切れていて交換。もうじきポロポロになるかもしれないと驚かされる。ただ、恐れ恐れ伸長に乗るのは私のやり方ではない。自転車というものはある程度乱暴に乗るものだと思う。まあ直ってなにより。

2014.09.08 Monday 00:18

グリップ交換



折りたたみ自家用2輪車、ビアンキ・フレッタの左グリップが破れてきた。代え頃とサイクルショップを物色。右のクリップが変速のため短いタイプなので選択肢は狭い。多摩川ワイズロードに長さが適当なものがあったので購入。前は購入時に着いていたスポーツタイプのものから、フォーマル風なものに変わった。

それにあわせて、ライトの固定がゆるくなってきたので、これも交換して移動。空いた部分に、ジャイアントのクロスバイクに付いていた無線スピードメーターを取り外して移動。取り付けには少し工夫が必要だった。

フレッタの方が乗る機会が多いし、折りたたみには無線がいいかなと。悲しいかな歳をとったのと、元々足が短いので小さな方が楽なのだ。これでハンドルは空きが少なくなってしまった。

安いときに購入した有線のスピードメーターがあるから、ジャイアントのクロスバイクには、それを付けようかと思う。


<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode