2012.12.23 Sunday 10:27

足尾銅山



足尾のひとつ手前の駅、通洞駅で下車すると足尾銅山跡が観光できる。世界遺産申請中の銅山の中まで軌道に乗って行くというので行ってみる。坑道までは短い距離。発車してすぐアブト式蓄電池機関車を切り離すのだが、こんな短いのなら歩いて行った方がいいのではないかと思う。

坑道の中で下車。ここから銅山跡を歩いて見てまわることになる。こっちも思ったより短い距離で外に出る。外には昔使っていた車両が展示してあるのだか、錆びていて放置してある感じ。出口の矢印に沿って階段を登ると売店に出る。なるほど帰りに徒歩で売店を経由することになっているので、入るときは短距離だけど軌道というわけだ。これは世界遺産はとても無理だな。

足尾歴史館という看板も出ているので、思ったより早く銅山観光が終わったので寄ってみる。古河財閥お抱えの写真師の展示会もやっていたり、トロッコガソリン機関車を復活して走らせていたり、地元の人が熱心に説明してくれたりして、こっの方が面白い。写真を説明してくれた年配の女性が、足尾まで歩いてすぐ、と言われたので町の中を歩く。ずっと建物が続いていて、最盛期に東京、横浜に次ぐ都市だったのがわかる。

本当にすぐ足尾駅に着く。帰りの列車の時刻をたしかめ、古河財閥の迎賓館、古河掛水倶楽部も良さそうなので歩く。こちらもすぐ。入館料を取られるのと、広い敷地で時間がかかりそうなのでパス。近くの渡瀬橋を渡る。昔は道路の橋だったが、古くなったので歩行者用の橋として保存したと書かれてあった。綺麗な橋。






Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3353
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode