2013.06.09 Sunday 13:43

鳩対策

会社から帰ってくると、いきなりカミさんが「鳩が来ないように取り付けて」と、いつものように何のことかわからないことを言ってきた。もっとわかりやすく、と言うと「鳩が来て困るので、お兄ちゃんが来たとき言ったら、100均に売っているといったので息子に買ってきてもらった。それを取り付けてほしい〜」ということだった。ホントは何回か聞いてやっとわかったのだけど。10時過ぎで夕飯もまただったので「休みの日にっ」と勘弁してもらう。

そして休みの日。自分で買ってきたものなら取り付けはどおってことないけど、他人が買ってきたものなので、息子にどうしたくて何を買ってきたかを質問。それと買ってきた商品を見比べて確認。休みになる前にネットで少し鳩対策を調べていた。息子と最終的にどうするか話し合う。カミさんが自分で、剣山のようなプラスチック板を、とにかくただ付けてあったけど、息子は「アレじゃダメ。鳩対策になっていないと母親が自分の意見を聞かずに自分で付けたっ」と言う。それで二人の意見から、まだ足りないものがあるということになり。私が買いに行く。鉄道コレクションの動力ユニットも買いたかったので。



まず剣山のようなプラ板を壁に取り付け金具をたくさん買ってきて止める。数が足りないので、息子がもう一度100均に自家用2輪車で走る。手摺りの下にはカーペットを買ったときに芯になっていた竹竿を利用。手摺りの上はテグスを張った。





カミさんからクーラーの室外機の下にはいらないようにしてくれっ、というリクエストがあったので、プラの剣山で入らないようにシャットアウトして、50センチまで臭う鳩がいやがる臭いの錠剤をつるす。これは鳩以外のカミさんにも効果があるみたいで、近づくのがヤダ〜と言ってきた。

これからビフォー・アフターのようにカミさんは「喜んでくれるでしょうかっ?」と次の日の朝ベランダを見ると「何と言うことでしょう」、鳩は全く近寄らなくなったのです。まっ、これで「あっち行け」と追い払うカミさんの絶叫は聞かなくてすみそう。なりより。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3396
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode