2013.08.02 Friday 23:58

しまなみ・とびしま-4kmの橋











これまでの島は海岸沿いの道に、しまなみ海道のルートを示すブルーラインが引かれていた。しかし最後の大島は山間部にブルーライン。ということはアップ楕円のある道ということになる。最後にこれはきつい。山道に近いのだ。足の痙攣の様子を見ながら、休み休み走る。自販機で水は飽きたので、炭酸でもスポーツドリンクでもいろいろ飲む。途中に無料休憩所があった。水道が並んでいたので、頭から水を被る。

最後の来島海峡大橋の長さは何と4キロ。だから料金も高い。途中に小さな馬島があって降りられるようになっていた。ここまでなら半額。記念のスタンプや休憩所もあって、すべての橋の説明が書かれていた。一度に全部の橋をセーノで造ったのではなく、尾道側から建設。いろいろノウハウを積み重ねて最後に最長の来島海峡を架けたのだそうだ。なるほど。

長いだけあって橋の高さもすごい。だから橋に行き着くまで円形の自転車専用のスロープが備えられていた。レインポー府リッジもこうすればいいのだ。猪瀬知事。風が強く、下の海は潮の流れが速く渦を巻いている。陽が落ちてきてややオレンジ色になってきた。

降りるスロープも昇りと同じ。そしたらみんな途中で自転車を降りて止まっている。事故で救急車が来て担架で運ばれていった。スロープになっているのでどんな人が倒れたのか、ぶつかったのか原因は不明。熱中症か。私と同じ年寄りが無理したかはわからない。

担架がスロープの外に出たら皆一斉に走り出した。ずっと下りなので足が痛くともすこぶる快調。一気にJR今治駅まで走る。ブルーラインは駅まで続いていた。終わりに近づいて元気になってきた。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3408
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode