2017.09.09 Saturday 23:35

武蔵嵐山 菅谷館跡

東武東上線小川町の手前、武蔵嵐山(むさしらんざん)駅付近は源義仲の生誕地で、山吹姫の墓もあるということを調べていて、いつかは行ってみようと思っていた。というのも、我が家の本家に古文書が残っていて、祖先が義仲で、山吹姫の系列ということが書かれていた。

天気は曇り、昼は過ぎていて、夕方7時前には帰って来なければならなかったが、まっ、行ってみようということで出発。史跡博物館を目指す。その周辺が畠山重忠の菅谷(すがや)館跡なのだ。十字路や要所に方向を教えてくれるのでわかりやすい。

小高い丘に入っていくと菅谷館跡。畠山重忠の像もあった。広い敷地で蝶や蛍も中で育てているよう。菅谷館を回って外に出ると都幾川。長い桜並木が整備されていて義仲の生誕地を目指そうと少し歩いて時間を見ると、帰らないとまずい時間。往復で1時間は最低かかるのだ。

結局Uターン。菅谷館の反対側を回って駅へ。箱根の山中城のように整備すれば綺麗に見えるかもしれないが、確実に堀割のようなもので囲われていた。畠山重忠以後の時代のものだと説明板に書いてあった。

帰りに武蔵嵐山駅を撮ったけど、曇りで色がよくない。後日、再訪したのでそのときの写真を掲載。ロケハンのようになってしまったというわけ。














Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3865
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode