2017.09.25 Monday 23:55

武蔵嵐山 源義賢の墓

武蔵嵐山に出かけて菅谷館付近だけ見て帰ってきたので再訪する。前に地図を見て方角は分かっていたので、迷わず源義賢、義賢の墓と住居があったといわれる大蔵館を目指す。都幾川を渡って更に進むと寺院が見えたので行ってみる。源氏とは直接関係のある寺院ではないようだが、かなり歴史はあるよう。

車の行き来が多い通りに出た。鎌倉街道の石碑と、源義賢、義高、義仲の名前が見える。まず義賢の墓に向かう。畑の中に乱暴に置かれた簡素な社。五輪塔の一部がなくなっていた。その道の反対に広い土地があって、主な源平の侍を供養してあった。源氏三代物語の絵も。一部石碑はこれからという状態。平家一族も鎮魂しているのに、源頼朝兄弟一族の名前はなし。義仲を討った恨みからなのだろう。

この辺りは源義賢、義高の住んでいた大蔵館、墓所、寺院が固まっている。大蔵館は大蔵神社になっていた。館らしき痕跡は見当らない。義高は帯刀先生と呼ばれて住民に親しまれたようだ。
















Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3867
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode