2018.08.27 Monday 13:27

明野ひまわりフェスティバル

フェスティバルの期間中は行けそうもないので、筑波山の麓の明野ひまわりの里のへ3日早く行ってみた。JR水戸線下館駅から路線バス。フェスティバルの期間中は無料シャトルバスがあるらしい。下車して途中のコンビニでひまわりのことを聞くと「まだ咲いてないですよ」と言われる。

行ってみると本当に咲いていない。筑波山を背景に撮影するつもりで来たのだが、ひまわりは筑波山を向いているので、カメラを向けるとひまわりは後ろ姿になって、黄色の花を見せてくれない。それと明野のひまわりは、黄色の花びらが細くて広く中心の種の部分が狭く茶色ではない。花は小さい上に畑の手入れが悪く、雑草が背が高く、ひまわりの間からたくさん見える。

筑波山を背景にきれいな写真を撮るには、日の出前に来て撮るしかないことがわかった。となると都心からだと前日に来て、宿泊しないと撮れないとうことになる。帰りのバスまで1時間以上あるので、筑波山口まで行くことにする。以前、土浦からりんりんロードを走って筑波山口で休憩したことがあったのだ。

筑波山口は以前の記憶と同じ。レンタサイクルはママチャリは少なくなったよう。バスで下館に着くと、目的の列車は不審物が発見されたということで運休。窓から見た行列ができていた氷屋さんのかき氷を食べに行く。小山駅で上野東京ライン快速に乗って爆睡。今度はひまわりではなく、真岡鉄道と関東鉄道を目当てにこようと思う。












Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3934
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode