2019.05.07 Tuesday 11:33

相模川の鯉のぼり

鯉のぼりがたくさん泳ぐ風景が見たいと調べたら『泳げ鯉のぼり相模川』が良さそう。昨年、数が多いと言う館林鶴生田川こいのぼりの里へ出かけたら、多いことは多いけど子供が手に持てるほどの小さな鯉のぼり。それと風が吹かない川の上なのでダランと垂れたまま。護岸のツツジも満開には遠くガッカリしたことから、今年は大きな本物の鯉のぼりが悠々と風を捕らえた様子が見たいと思っていた。

東急長津田から横浜線相模原へ。水郷田名行の路線バスに乗車。商店街から工場が並ぶ道路に出るとバスが全く進まなくなった。渋滞の始まりだ。どうやら自家用車も含めて相模川に向かっているらしい。

混雑から抜け出して止まったのは田名バスターミナル。ターミナルの名称だが複数路線の大きな停留所といった施設。トイレがあるだけで商業施設はない。しびれを切らした地元の乗客が降りて歩いていくが、運転手さんが「歩いても乗っていっても同じくらいの時間で着く」と言うので続けて乗車。

バスはターミナルから道路に戻るのにすごく時間がかかり、再び渋滞の中へ。道路の下に相模川が見える戸前の停留所で、ほとんどの乗客が降りて「降りた方がいいよっ」と言われたので、後を着いて行けばいいと下車。細い階段をみんな下りていくので続く。近道のようで相模川に出た。

『泳げ鯉のぼり相模川』は予想以上に人気のイベントのようで、地元のほかに多数の屋台が並んでいた。鯉のぼりもずっとなびいていたので予想通り。帰りのバスはスムーズでした。










Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://bike.toy-train.com/trackback/3970
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode