2020.05.25 Monday 19:49

パンクす

小学校2年生の孫が自転車に乗れるようになり、すこしずつ遠くに連れて行くようになった。東急見える多摩川の丸子橋に連れて行ったら「今度は京急が見られるところに行きたい」と。無理と思ったが「大丈夫。行ける。」と言い張る。向かったら風が強く砂が舞い上がって途中で退却。

少し経って「天気がいいし風も吹いていないから。また行こ。」と言ってきた。多摩川の堤防上を順調に走っていたが、ガス橋を過ぎた辺りでパ〜ンと音がして私の自家用二輪車の後輪がパンク。スマホで近くの自転車店をさがす。最も近くの店は「うちはママチャリしか扱っていない」とのことで次の店へ。スポーツバイクの店だったが「小径自転車のチューブは取り寄せになる}と言われ、少し離れた環八沿いの店まで押して行く。

18インチのチューブはなかったが、自分で前に20インチの細いチューブを入れたことがあることを告げるとコレですかと出してくれた。「それ、それ」とお願いする。ただ、先客がたくさんあって2時間くらいもらえますかと言われ、遠くから来ているのでなんとか…と頼むと、先にやりましょう。1時間ぐらい後でと。

公園などで時間をつぶし1時間後に行くと走れるようになってました。ほんと助かりました。孫からは「今度からパンクを修理する道具を持って走るように」と叱られる。

そして次の日「じいちゃんのパンクのせいで京急を見ることができなかった。も一度行こ。」と。行きたい気持ちを抑えるのは良くないので、ゆっくりしたかったけど再度行くことにしました。もちろんパンク修理と予備のチューブを持って。

そしてスマホで撮ったのが下の写真。そうそう、我が家にもアベノマスクがようやく届きました。他のマスクがあるので、まだ開封していません。






Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode