2008.08.28 Thursday 01:57

入川渓谷

入川 赤沢

5月に行った入川へまた行ってきました。前に行ってMTBで走ればいいなぁと思っていた。折りたたみ自家用2輪車を持って行く手もあったけど、前に途中までしか行っていなかったし、雨だったので今回はやめ。

入川の森林鉄道の軌道跡を歩いていると、後ろからMTB3台で走る一行が。途中石が転がっているところは押している。行きは登りなので大変そう。軌道がなくなる赤沢出合でまた一緒になる。結構高そうなMTBに乗っている。多分車に積んで来たのだろう。

帰りは先に下る。途中でMTBの一行に抜かれる。帰りは下りなのでMTBは快適そうで一気に抜かれる。下りは楽そうなので、今度くるときは折りたたみ自家用2輪車を持ってきて、下りだけ乗るのがいいのではないかと思う。
-----

2008.09.01 Monday 00:03

2度逆送す

多摩センター

多摩センターに行く必要があって、以前、自家用2輪車で生田緑地に行ったことがあり、地図を見たらそれほど遠くない感じなので行けると判断、出かける。途中、本屋とツタヤに寄り道。生田緑地を過ぎ、登戸で左折して津久井道を走る。ここで寄り道もあって3時間弱かかっていた。地図によると、津久井道をずっと行って大きな道を右に行けば多摩センターに出ることになっていた。

斜めに行けば短時間で行けるはずとショートカットを選択。これが間違いだった。まず、山を越えていくのでアップダウンの連続。左右にくねくね曲がる道で方向感覚が狂う。よみうりカントリークラブを目標に行って鶴川街道にやっと出た。ここまで3時間半。

小田急線が見えたので線路に沿って行けばいいと走り出したが、これも大間違い。街中と違って、トンネルや山の中に線路が消える。線路沿いにも道路は全くといっていいほど道路がない。横切っている道路ばかり。これでまた方向感覚が狂う。また鶴川街道に出て走っていたら逆送しているのに気が付いた。

気を取り直して逆戻り。今度は地図を時々見るようにする。若葉団地の当たりを走る。団地というのは周囲をまわる円形道路がたいていあって、また方向がわからなくなる。地図の身方を間違えていたようで、また逆送。目的地と反対方向を走っていた。もう戻るのは気が進まないので、途中から電車で行くことに方針を変える。

最も使いのは京王線稲城駅。今度は地図の通りに無事着く。ここから電車で3駅で多摩センター。すぐに着く。ただし家を出てから5時間が経っていた。やれやれ。

花

30分ほど多摩センターにいて電車で稲城に引き返す。止めておいた自家用2輪車のところに行くと急に雨が降り出した。やみそうもないので愛用のボンチョ型カッパ上下を出して雨の中を出発。雨で暗くなったこともあって、今度は遠回りかもしれないが大きな道路を選択。

雨はシャワーのように強くなる。ときどき優しくなるがほとんど豪雨。1時間もしないうちに登戸のあたりに着く。大きな道を行くべきだったと反省。道路で梨の直販が店じまいをしていたのでお土産に購入。まっ、早く着いたので多少余裕が出てきた。

結局帰りは2時間少しで家に着く。ときどき高速下で休息したのに。山の中の道のショートカットはしてはいけないと教訓を得た。(^ ^;) 次はもっと近くの駅から電車に乗ることにするつもり。

ハイビスカス
-----

2008.10.05 Sunday 22:53

多摩センター再び

多摩センター

前に多摩センターに行って2度逆送。帰りに店終い直前の直販所で買った梨(多分、豊水)は、冷蔵庫に入れておいたら、カミサンと娘に全部食べられてしまった。瑞々しくてうまかったからなぁ。その後再び多摩センターへ。

今度は初めから途中で電車で行くと決めて出かける。二子玉川から野川を越えたところで雨。これは覚悟していたからカッパを着用。予定していた小田急線喜多見駅で降りる。ここで豪雨に。電車に乗るとさらに雨足は強くなる一方。引き返そうかとも思ったが初志貫徹。多摩センターで降りて多少は弱くなったけど雨。

帰りは普通の降りに。喜多見で自家用2輪車に乗り換え、雨の中を帰る。ほんと土日というと雨ばかりが続いて、雨の中を2回数時間走ったら少し風邪気味になった。
-----

2008.12.01 Monday 02:11

多摩センター3たび

PB230005.jpg

初めは2度逆送。2度目は初めから途中までと、自家用2輪車で多摩センターまで行けずにして、なんか中途半端というか、消化不良でおもしろくない。そこで3度チャレンジ。

稲城までは行っているのでスムーズに。そこから地図を見ながら行ったのだが、途中から思った方向に行っていないことに気づく。前も若葉台団地の外周道路で逆送したのだけど、逆送はしなかったけど思い通りの道に行かなかった。方向は間違っていなかったので修正、2時間15分ほどで多摩センター駅に着いた。

帰りは思っていた道を多摩川を目指して走る。暗くなっていたので、どの交差点で曲がるかがわからない。まただろうと走っていたら多摩川の橋まで来てしまった。多摩川は羽村まで行ったことがあるので、サイクリングロードを走れば戻れることを知っているので、サイクリングロードを走ることに切り替える。

初めに逆送したときは大きな道ではなく、細い道でショートカットを狙って失敗。急坂でくねくね道が多かった。結局遠回りのようだけど、多摩川サイクリングロードから多摩センターを目指す方が、坂道もなく道も勅撰が多いことがわかった。ただもうわかったので4度目はなしだな。

写真は紅葉ですが、暗くなってからなので良くありません。明るいときはきれいだったけど迷わないことに必死で……。
-----

2009.03.09 Monday 01:54

大倉山

梅祭りが大倉山であるとお誘いのメールをもらい、ちょうどいい走る目標ができたと出かけてみる。丸子橋を渡り、綱島街道を進めば着くと予想。川崎や日吉あるちりまでは時々行ったし、横浜近くまで行ったこともある。ただ、横浜まで行くのには綱島街道はちょっと辛い。

まず道がものすごく狭くなるところが何カ所かある。また坂道も多い。横浜まで行くなら国道1号を行った方が楽。道も広いし、坂道も急じゃないし、カーブも大きい。公園に寄ったり寄り道をしたら妙蓮寺近くまで行きすぎてしまった。慌てて戻る。大倉山駅前まで戻ったが暗くなってきて梅祭りの場所がわからない。初めにちゃんと確認してこなかったのがまずかった。行けば近くと行っていたからわかるだろうと。

しばらくウロウロしたがわからず。神社があったので行ってみる。熊野神社で由緒あるようだった。お参りをして、きょうはここまでと帰ることにする。
-----

2009.05.06 Wednesday 13:47

黄金週間2度目の輪行

P5050176.JPG

5月3日に足利まで輪行。5日にも黄金週間2度目の輪行を決行。休み前から予定していて、そのために新・折りたたみ自家用2輪車を購入したのだ。2度目は川桁から猪苗代湖に。行きは新幹線だったけど、帰りは帰省ラッシュを予想して在来線。5時間以上かかった。まあ、疲れて寝ているんだからいかと。

黄色のビアンキを買ったので、今回はカラフルにポップ行こうとライトはオレンジ、ベルは赤ピーマンのような形に。鍵は以前399円で購入したピープル。買ったとき「メーターはどうですか?」と言われたけどメーターは初めから予定はなし。以前シボレーの折りたたみにコードのメーター付けていたときがあったけど、折りたたんだときに接合部に挟まって断線。それにメーターの出っ張りとコードが開閉のときにジャマなのだ。それて゜メーターはすぐ取り外した。

ライトもだから小さい出っぱらないものにした。折りたたみがその方が楽。外れてなくなることもないし。鍵は安かったので買ったが、長いものは取り扱いが面倒で好きではなかったので購入したまま使わなかった。柱などに巻き付けられる方がいいだろうとビアンキに使用。とり扱いが面倒なのはそのうちに慣れればなんとかなる。

輪行袋も巾着袋形式のものは持っていたけど、金具が壊れて針金で応急修理したまま使っていた。それと少し大きい。新しいものをと店員に言ったら「これしかないのですが」と言われたものを購入。帰って説明書を見たら、折りたたみ用では有名な「チビ輪バッグ」だった。黄金週間2度の輪行で使った感想は、有名だけあって良くできている。っと言ったところ。小さくなってトートポストなどに取れ付けられるようになっているのが便利。

P5050076.jpg

これは磐梯山をバックに記念写真。
-----

2009.05.11 Monday 00:11

足利学校

P5030011.jpg

フラワーパークの近くには栗田美術館もある。広い敷地に伊万里、鍋島などの陶磁器が世界最大の数展示してあるというのだが、足利で見る気持ちにはなれずに入り口だけの写真。

ここから足利市街へは3キロと少しなので、自家用2輪車で走る。途中に足利でしか食べられないようなものがあったら昼飯を食べようと思っていたがラーメン屋があっただけ。哀歌が市街に着いてしまった。どこの都市にもある「中央通り」を走る。地図には足利のメインストリートでファッションの発信地と書いてあったが、シャッターが閉まっている店が多い。売り店舗の張り紙も。食べる店は開いてない。足利駅に行ってみると、はなまるがあったのでここてせ昼にする。

腹を満たして足利学校に向かう。入り口に孔子の石像が建っていた。無料観光案内も行っているようで、市の職員がハッピを着ていた。


P5030074.jpg
-----

2009.05.17 Sunday 14:57

足利学校<2>

P5030078.jpg

P5030079.jpg

足利学校に入ると学校の他に、いろいろな建物がある。ただ、再建されたものがほとんど。中の像も複製がある、まっ、安全のために、本物に似せて複製をつくるのもわからないではないが。近くの足利市の氏寺である鑁阿寺は、ほとんど昔の建物が残っているのに入場無料。足利学校は入場料を取られる。だから建物は真新しい。博物館と考えれば、建てるのに費用がかかっているから理解はできるけど。

個人的には汚くて、ポロポロでも昔のままが好き。新しく修復してピカピカなのはどうも。鉄道でも保存されて汚れてなくてペンキを厚く塗ったものより、錆びて汚れていても実際に客を乗せて働いているのがすき。

足利学校にも藤棚があって、日陰がお休み処になっていた。フラワーガーデンの藤は長くて、よく手入れがされて、それは素晴らしいのだが、こちらも藤は身構えてなくて良い。

P5030082.jpg

P5030093.jpg

-----

2009.05.18 Monday 00:53

鑁阿寺

P5030118.jpg

足利学校の裏手にあるのが鑁阿寺(ばんなじ)。難読な名前だ。こっちも入場料を撮られると思ったら無料。中からスピーカーで大きな音が流れて、車や自転車でみんな気軽に入って来る。周りは堀で囲まれていて、入り口の橋には屋根が付いているおもしろいもの。ちょうど連休中でお祭りのよう。

P5030103.jpg

本堂を初め、中の建物はどれも古い物。でも、無料ということもあり、みんな気軽に遊んでいる感じ。実際に中から聞こえてきた大きな音は、よさこい大会の音。その他にリーゼントのロックンロールを踊っている若者もいた。子供も元気に走り回ってるし……。

P5030114.jpg

鐘楼もかなりの年代物。私はきれいだけどちょっとすました感じの足利学校より、古く汚れているけどのびのびした庶民的な鑁阿寺の方が好き。無料で入れるしね。鑁阿寺については足利市や他のホームページに詳しく出ているので割愛。
-----

2009.05.20 Wednesday 01:33

鑁阿寺

P5030096.jpg

堀で囲われた正方形の鑁阿寺内には、足利氏代々の墓などいろいろな建物が残されている。ゴールデンウィークで祭りをやっていることもあって、中を特別に見られる建物もあった。ご開帳といったところ。こちらは有料だった。

P5030097.jpg

P5030107.jpg

ところでビアンキの折りたたみだが、長く走ると尻が痛くなる。シボレーの折りたたみでもそうだった。どちらもサドルの中央が少し盛り上がったタイプ。それで廃棄したMTBのサドルを撮っていたものをシボレーの折りたたみに取り付けた。そうしたら痛さは押さえられるようになった。

ジャイアントのクロスバイクは真ん中が凹んだタイプで、こちらでは尻の痛さはあまりない。MTBに付いていたサドルも、やや凹んだタイプ。私の尻は凹んだものに会っていて、飛び出たサドルとは相性が悪いようだ。ビアンキの折りたたみに凹みタイプを付けて走ってみようと思う。
-----

<<new | 2 / 11pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode